デメリットが少ないPLDD|痛みの少ない治療法

男女

メニュー

病気の原因を作らない

病棟

自律神経失調症は、不規則な生活やストレス等で誰もがなる可能性のある病気です。日常生活をしっかり振り返り朝ご飯を毎日食べる事や、ストレスとの付き合い方を改めて考えてみましょう。規則的な生活やストレスを緩和することが自律神経失調症や、他の多くの病気を寄せ付けないことにつながります。

詳細を読む

バセドウ病の治療

カウンセリング

バセドウ病は甲状腺ホルモンが多すぎる病気で、目玉が飛び出す・動悸がする・脈拍が速くなる等の症状があります。治療方法のうち薬物療法は体への負担が少なく、手術や放射線療法は早く治せるというメリットがあります。

詳細を読む

体調が悪い時の病院選び

病院

内科は薬で治療できる範囲とされていますが、体調が悪い時にとりあえず受診することができる科でもあります。都筑区にはたくさんの内科があるので、口コミなども参考にして、かかりつけやセカンドオピニオンとして活用しましょう。

詳細を読む

独自性と相違点

看護師

独自性

PLDDはヘルニアの治療方法の1つで、多くの人が行なっています。治療の前には必ず麻酔を行います。これはレーザー照射による痛みを軽減するためです。このときに用いられる麻酔は全身麻酔ではなく局所麻酔になります。これが他の施術方法とは異なる点です。そのため、糖尿病や脳梗塞などの生活習慣病を持っている人でも安心して受けることが可能となっています。また、PLDDはヘルニアを治すのに時間をほとんど要しません。これは施術時間が5分程度であることだけでなく、効果の表れるスピードも速いということです。施術を受けた直後に効果を感じられる患者が多いです。さらに、PLDDは切開施術とは異なる点が数多くあります。切開の場合は施術を受けて1ヶ月は入院しますが、PLDDは即日退院可能です。

切開法との相違点

PLDDと切開による治療法には相違点があります。まず切開の場合は施術時間が1時間から2時間程度かかります。それに対して、PLDDは5分程度ですし、また施術後の安静期間は切開であれば1週間程度は必要ですが、PLDDは施術後1時間安静にしていれば良いだけです。さらに、切開の施術を受けた後はリハビリを行う必要があり、入院を1ヶ月程度しなければいけませんが、PLDDはそのようなことは不要です。以上が相違点になりますが、PLDDはヘルニア治療に非常に効果的なものであり、デメリットの少ない施術方法です。施術自体が時間のかかるものではありませんし、施術後は様子を見るために定期的な検診を行いますので、安心感もあります。